ひと荒れ来る

業績好調でも大規模な人員整理が行われる…なぜって
そりゃそうです。その仕事がマニュアル・レーバーであるなら近く、その仕事はAI(人工知能)やロボットが行うことになるかもしれない…人員整理も当然です。
消費者に代わって生産者と渡りをつけ、中間マージンで食べていくような会社は、その業種ごと無くなってしまう可能性もありますから、大胆な業態転換を行うための資金を留保しておく必要もあります。

あのビル・ゲイツ主宰のパーティーに招待される友人でもあるビル清掃の女性のように、自分の工夫次第で、どんな仕事も技芸、アートに仕上げていくことは可能ですが、たいていはマニュアル・レーバーに甘んじて、それ以上のことはしないのがレギュラーです。

だから、この時代の変わり目にも活路を見出せるのは「そこまでやるの?」の変人だけでしょう。
高度成長期の恩恵というか、親たちの蓄えにパラサイトできているが、すでに実態は「貧困」という人も少なくない…

ひと荒れ来そうな予感がします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中