策を矮小化してしまう

この国の現状と近未来の様子を考え、地域企業の現状を考えると、彼らを延命させ、彼らの経済力を基盤に自治体の将来を設計するというのは、ある意味、無謀です。
策はあっても、彼らは、その策を理解することができず、我田引水に、策を矮小化してしまうだけでしょう。

シガラミはあるんでしょうが、自治体は「若い」とか「新参」に賭けてみた方が浮上の確率は高くなるんだと思います。
ただし「自治体職員」のみなさんが「策を理解することができる」場合に限りますが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中