街の個性

街に個性を持たせようとして「何かイベントを」と考える。そしてとりあえず先行している成功事例をあたるわけです。こういうイベントは「街の有志」という複数者で行われることが多いので、合議を固めるためにも「先行事例」は便利です。でも、この時点で、イベントは、その街で創造されたものではなく「既製品の中から選択されたもの」になります。

しかも選択されたイベントは「この街」以外の街での成功事例。その移入になるわけですから「ホントウの、この街の個性」に合わせて企画されたものではありません。あっちの街でやってたものが面白そうなイベントを「うちの街でも」は灯台下暗しな見過ごしを誘発します。

しかもインターネットがある時代は情報の拡散が早い。アート・フェスなどともいわれる手づくり市、 よさこい、マルシェ…先行事例は瞬く間に全国区の「凡百」になります。こうなってもオリジナルこそ不動なんですが、複写されたものは複写されたものである限り来場者に見放されます。

そして街の個性は…

たぶん街の個性は、そこが商店街なら、その街の「個店」に委ねられるべき者なのでしょう。全国区のフランチャジーばかりの街と面白い個店が集まっている街。明々白々だと思います。
全国区のフランチャジーが目立つ街で、全国区に凡百なイベントを繰り返しても、所詮は灯篭に斧。フランチャイジーに埋め尽くされたところで勝負は見えていたのです。

ステレオタイプなタワーマンションで住民を増やして、一見「これから」の景況を見せている街も、その凡百の街になるのなら、人々はどうしてもその街に暮らさなければならない理由を失うはずです。忘れてはいけません。この国は急速に縮んでいるのです。

僕は、若い人たちが自分の脚でしっかりと立つように営業されている小さな個店に期待しています。
業種は様々ですが、ひとつ共通点があるのは、どのお店の店主さんもみな「やさしい方」だということです。団塊の世代も、彼らが若者だった頃にはこういう開業に熱心だったんですが「俺の個性を見ろ」とばかりに牙をむいたお店ばかりで閉口したものです。でも、近頃の店主さんたちは、みな穏やかです。斜に構えて閉じこもっている感じでもないんで、周辺の店舗さんとも友だちになるし、また、同じように開業を目指す人を助けたりもします。

「集める」ではなくて「集まってくる」なんでしょうね。

きっと、個性を光らせる街って、こんな感じにできていくんだと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中