いつかは

「集まる」「叫ぶ」の力強さに比較して、僕らの「述べる」とか「語る」はまだひ弱かな。僕らはまだ「群衆」を卒業できてはいないようです。「穏やか」は「ぬるい」と揶揄される。おっしゃる通りでもあります。相手は馬耳東風…「声なき声」なんて嘘ぶいいていた人たちの系譜ですしね。

でもね。

「叫ぶ」はいつしか冷静さを失うものでもあります。それに、もし「叫び」が功を奏したとしても、叫ばなければ動かなかった政府の体質を温存することにはなってしまう…

もうしばらく時間がかかりそうですが、いつかは「語る大衆」が政府を動かせるようになるといいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中