「本」

「本(書籍)」も戦後になって一気に大衆化したのでしょう。いっときはベラボーな数が売れた…
ただ、そのときお試しに「本」を読んでみたけど、やっぱり「自分の生活に本は必要ない」と思った人も多かったんだと思います。もちろん「お試し」から「本」に本格参入という方も少なくはなかったんでしょうけれど、やっぱりマイノリティだった…それが、この国のリアルだったんだと思います。

戦後最大のベストセラーは、黒柳徹子さんの、あの「窓ぎわのトットちゃん」だったといわれています。累計発行部数800万部。又吉さんの「火花」が累計239万部、電子書籍版は10万ダウンロードということですから、文字どおりベラボーな数だということができます。
「窓ぎわのトットちゃん」は1981(昭和56)年の出版。このあたりが「お試し」のマックスだったのでしょう。もちろん、高度経済成長を背景に進学率もあがり、本を読むゆとりを持つ人も増えたんでしょうが、そのことと「本」が必要とされるかどうかはまた別のはなしです。読む人は読むが、読まない人は全く読まない…
団塊の世代あたりの大学生にとって新書はある種のファッションだったといいますし、僕らが大学生の頃には哲学者=ミシェル・フーコーが大流行りでしたが、その後、研究者が増えたという話しも聞いていませんし、研究が進んだという話しも聞いていません。

1980年代末のバブルの頃、必要だとされたビルの建築計画がホントは「まやかし」だったから、街なかには、こんなにもコイン駐車場が溢れているのでしょう。「本」の発行部数も本屋さんの数も規模も、きっとこれと同じことです。もちろん出版社もそうでしょう。

だから適正な数は残ります。そして適正な数になったら、本も、本屋さんも出版社も粒揃いに、端正になります。

憂うることはないのだと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中