磨きをかけて

最近の僕は、僕を少数派と受け止めた上で、マジョリティの考え方が、僕の考え方と全く異なることを冷静に受け止めようとしています。

安倍さんのあきれた言動を描写した書籍は新書版でさえ手に入るし、NHKでさえ、かの国の「ミサイル」を海外向けに「ロケット」として照会していることは、ラジオならマスメディアでも放送されていることです。

でも、安倍さんは政権の座にあり、姑息な情報操作にも世論は無風です。

マジョリティは「織田」であり「上杉」であり「北条」「徳川」。僕としては、東西の結節点として「誰もが欲しがる信濃」のような能力を自分の中に持てるように最大限の努力をする…そういうことだなと思っています。

あとは居場所のデザイン。そして、僕と同じような国人衆、地侍たちとのネットワーク。

まさに「腐心」だなと思いますけど、案外ステキな「腐心」かもしれません。
SNSもあるんで、周囲からは「孤立」しても「無縁」にはならずに済みます。

さぁ、したたかさに磨きをかけて…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中