引用

フリーランス

庄野雄治さん。本の帯には「コーヒー業界が冬の時代に、何の経験もないまま 徳島でコーヒー屋を始めたアアルトコーヒー・庄野雄治」とあります。この本の著者=庄野さんは珈琲の焙煎士(コーヒー・ロースター)さんです。

daremoinai本の「はじめに」には「凡人には凡人の生き方がある。一流でも二流でも三流でもない、普通の人が地方でお店を続けていくために本当に必要なこと」「何とかフリーランスで十年生き延びることができた。もがき苦しんで、いっぱい間違い失敗してきたからこそわかったことがたくさんある。生まれてこの方、世界と折り合いをつけることができず、日々格闘している私のような人間でも何とかやっていけるんだよ、と伝えたい。」とあります。
会社員を辞めて、フリーランスの焙煎士を目指されるとは、僕は、庄野さんも庄野さんの奥様も「普通の人」ではないと思いますが、たぶん、この場合の「普通」とは「ゲスの極み乙女」の川谷さんのような才能もなかったし、perfumeさんのような芸もなかったという意味でしょう。
ただ、そういう「秀でた」感のあるなしよりも「フリーランスでいたい」というマインドの強さの方が、実は、その人をフリーランスたらしめる大きな要因だと、僕はそう思っています。若い頃、音楽やってたり、美大に行っていたり、嫌というほど「才能のある奴」も「芸に秀でた奴」も見てきたんですが、ずっとフリーランスで不惑以上を来れた連中は、そういう意味では二番手、三番手。ただ、どうしても「会社員にはなれない」という、そのあたりに強い意志があったように思います。

フリーランスを続けるっていうのは非正規雇用の会社員を渡り歩くというのとも、ちょっとニュアンスが違います。

求人雑誌をめくるのではなく、自分でお客さんを探します。そういう意味で凪の日もあれば大嵐の日もあるわけです。

でもね。自分らしくいられるのはやっぱりフリーランスだと思います。無理は続きませんから自然にアンプラグドになりますし、そうする自由もあります。

ただね…

たいへんはたいへんなんです。なんの後ろ盾もなく「自分の信用が担保の全て」っていうのは、やっぱり生半ではない。
この本の中で、庄野さんがさらっと書かれていることの方が、現実に「そうしていく」には難しいことがたくさんあります。

ただ、芸(特殊なことができる)がないとフリーランスになれないというのは誤解だし、
肝心なのは「フリーランスになる」と決めることで「芸」の部分は「出会い頭」そういうアングルから読むと参考になること満載の本です。

庄野/雄治 著 「誰もいない場所を探している」mille books刊
大塚いちおさんのアートワーク(ブックデザイン&イラスト)も秀逸です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中