駆け抜けていく

ひたすらマニュアル・レーバーをこなすとか、チークワークを維持するための仕事をしなきゃならないとか、まるで儀式のような会議をこなすとか…知価を生産するには無縁な仕事に忙殺されて、ヘトヘトになって、往復の通勤電車ではLINEのやりとりか、ゲーム…

一方、アイディアっていうのは、ぼーっとしている時間が長い人のところを選んで降りてくるようなところがある…しかも一瞬。科学変化が起こるように一瞬にして莫大な富に繋がるようなアイディアが浮かんじゃったりする。そのアイディアを書き留めておく手段は充実しています。楽譜の読み書きができなくても電車の中で作曲することも、いろいろな楽器を試してアレンジすることだって可能です。

イケる人はどんどん前に行く…こういう意味でも二極化はより鮮明になっていくのでしょう。

100人のチームの脚並みを揃えることに腐心する必要もなく、やたらと脚の速いヤツが一人で駆け抜けていく…

差がつかないわけがありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中