ただのバカです

それでも少しずつは進歩しているんだな、と思います。

数年前に発表された加納さんの構想によると、東京湾三億坪のうち、東京都の一倍半にあたる二・五億坪を埋め立てようという。そのためには房総半島の山々を原子力で崩し、その土を運び、ここに新大東京都をつくりだす。一方、山々でさえぎられていた太平洋からの南風を東京に送り込んで、東京の冬を五度暖かく、逆に夏は五度涼しく、つあり土地造成から気候改変までやろうという途方もない夢であった。

江戸英雄 著「すしやの証文」より

江戸英雄さんは1955(昭和30)年に三井不動産の代表取締役になり、1974(昭和49)年には会長。1990(平成2)年には、あの「国際花と緑の博覧会」協会の副会長も務めた方。名士中の名士といっていい財界人です。この「すしやの証文」は1966(昭和41)年に朝日新聞社から出版された彼のエッセイ集です。後に中央公論社から文庫版も出版されていますが、文庫版が出版された1990(平成2)年にも、前述の一節はそのまま生かされています。
ちなみに文中に登場する「加納さん」というのは、加納久朗さん。初代の日本住宅公団総裁であり、千葉県知事さんでもあった方です。

両方とも明治生まれの方ですが、その言動は平成に入っても容認されていたという事は事実でしょう。1966(昭和41)年、今から50年前とはいえ、朝日新聞社から出版されたエッセイ集に「房総半島の山々を原子力で崩し」という一文が登場するのです。もちろんトンデモ本の類ではありません。この構想をぶち上げた人も「夢」と語ってエッセイに記した人も、この国の立派なエリートです。

つまり、当時のこの国の知的なレベルがそんなもんだったということ。少なくとも、文庫版が出版された25、6年前まではそうだったということなんだと思います。

現状の僕らも実力不足です。これからのこの国をソフト・ランディングさせられるような実力はありません。でも、以前に比較すれば、ずいぶんと「マシ」にはなってきている…
逆に言えば、それだけ安部さんたちのいう「成長戦略」が、とてつもない大風呂敷であることは疑いのないところです。

クルマの免許も持っていないのに、アクセルの踏み方だけ覚えてF1レースに出るようなことは蛮勇どころか、ただのバカです。

僕らは優秀でもなんでもない…だからこそ等身大に行くべきです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中