ロウ・カルチャー

ハイ・カルチャーなアートは、まずお作法。95%は、その「お作法」どうりで、残り5%の中で自分を表現する…というか、5%の中で、自分のアートをハイ・カルチャーな世間に問うていくわけです。だからクラシック音楽はあんな感じ。日展に参加している美術家たちのアートもそうかな。
良いとか悪いとかじゃなくて、それがハイ・カルチャーなアートの特性。この「あり方」を問うてもしかたがないわけです。

葉加瀬太郎さんは東京芸大出ていても「残り5%の中で自分を表現する」っていう感じじゃないから(クラシック音楽のジャンルに列せられる作曲家の作品を演奏されていても)ハイ・カルチャー志向じゃないんでしょう。僕はクライズラー・カンパニーのあり方からしてロウ・カルチャーな感じだと思っています。

間違えちゃいけないないのは、ハイ・カルチャーが上流志向の文化ではあっても、上流階級そのものの文化ではないということです。這い上がっていこうとする者たちの文化。だから上流に規範を求める…
モーツアルトのお父さん=レオポルトの父方は代々は石工、母方は織師の家系です。そして名門貴族に楽士に抱えられて音楽家としての道を拓いていく。ロウ・カルチャーは石工、織師としての生活文化を磨いていこうとする人たちの文化です。

というわけで、両方ともが都市らしい文化でもある…。またロウ・カルチャーは技能的でもありますね。

19世紀末から20世紀。工業生産や商業が富をもたらすようになって都市にはたくさんの労働者が集められるようになる。そして、彼らが担い手のロウ・カルチャーも元気になった。ロウなのに上流階級の文化にも影響を与えるようになった…

日本では一足先にそういうことが起こって、井原西鶴や近松門左衛門。歌麿や写楽、北斎や広重が羽ばたいていった…

僕は、これが「KAWAII」に繋がっているんだと思いますね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中