前へ

これは数年前、JRの新長田駅コンコースに壁を借りて、地元の方が開催されていたメモリアル写真展にあった1枚です。

kobe

あれから21年。でも復興はまだ道半ばです。復興再開発な建物、アーケードなどはとっくに完成してて空間的には「復興なった」ですが、市井の賑わいは元には戻っていません。
物流や工業生産をストップさせるわけにはいきませんから、震災直後、中小の企業を中心に拠点は他の都市へ移動します。そして、その場で、一度稼働しはじめてしまえば、もう元の場所に帰ってくるのは難しい…神戸港が震災の被害に合わなければ今日の博多港の隆盛はなかったでしょう。

(関東大震災で横浜港が被災しなければ神戸港の隆盛もなかったといわれています)

明石海峡であの地震が発生したのは1995年(平成7年)1月17日の午前6時の15分ほど前。あの日の、この時間を被災地のみなさんはどう過ごされていたのでしょう。街はまだまだ猛火に包まれていたはずです。大切な方を亡くされた方もいらっしゃるでしょう。心を傷つけられた方もいらっしゃると思います。

でも僕らは一歩ずつ、それも「前へ」しか進めません。

それぞれの「前へ」があるでしょう。あのとき被災していない僕にも、僕の「前へ」があります。あのとき同じ時間を生きていた僕には僕の被災があるはずだからです。

現在、僕が暮らしているヨコハマと被災地は空間的には「遠い」関係になりますが、大きな時差があるわけでもなし、被災された方といっしょの時間、いっしょの時代を過ごしています。

メモリアルではありません。被災地のみなさんといっしょに、これからも「前に」をつくっていきましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中