備えるべき

阪神・淡路大震災から東日本大震災にかけて、この国に起こった天災による災禍の情報は、僕のライフ・デザインに大きな影響をもたらしました。

それは住居の定め方や旅に出ようとする土地の選定、お金の稼ぎ方や毎日の過ごし方など、会社に拘束されている人に比較すれば、自分のライフ・デザインの変更への自由度が高い僕なれば、実際にずいぶんと大きな変更をしました。もしかしたら脳出血で倒れたことと同じか、あるいはそれ以上…

そのくらい考えさせられたし、ある意味、それまでの自分を反省させられもしたのです。

東日本大震災については事前にかなりの発生確率が予測され、十分だったかどうかは別にして(そのことが)周知されてもいました。

でも僕は本気にしていなかった… そのことも大きな反省材料です。

首都圏には大きな直下型地震の発生が警告されています。今は「戦前」であり「震災前」でもあるわけです。

怖がっていても始まりません。備えるべきです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中