疲れない

たぶん、優秀な人の人数っていうのは限られているんでしょう。特に緊張状態を保ちながら仕事をできる人の数。
だから、これだけLCCが普及し、空飛ぶ航空機の数が増えればパイロットさんも整備士さんも発着に関わるテクニカルなスタッフさんについても、必要な人数を確保するためには、結局「間口を広げる」しかないんでしょう。半ドアも、さもありなんと思います。

航空機の増便はこのままとして、こうした状況を何とかしたければ、なんだかんだ言って結局は「ロボット化」なんでしょう。

航空母艦への着艦成功率はロボットの方がはるかに成績がいいんだそうですが、それはビビってパフォーマンスが落ちるということがないからなんだそうです。同じように、彼らなら「緊張状態」に疲れることもないんでしょうからね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中