海路の日和

僕はどうしても「浮かれている場合ではない」と思ってるんでしょうね。
自分でも半分呆れていますが、このお正月にもそうです。

(旧暦では、まだ12月なんで、あんまり「お正月」と思っていないこともありますが)

やれやれというところですが、非力な僕には準備の時間もかかる…
それに対して「変化のスピード」を思ったよりも速く、頼りにしていたものは、知れば知るほど「ハリボテ」だと。

でも、焦ってどうなることでもありません。
確かに急ぎ脚ですが、でも一歩ずつ確実に行きましょう。毎日歩けば少しは海路の日和もあるでしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中