クローンだらけ

無査証に「自分がその必要を感じることは、きっとみんなも必要だと思うはず」と、そんなふうに思ってしまえるのは、自分が画一的な部品の一部として育てられたことに拠るのでしょう。

本来、人には個性があります。ブルーグレーのスーツはユニフォーミティでも、みんなの顔つきは全然違う。画一的なメイクアップを拭い去った表情も、みなそれぞれに個性的です。だから「顔・認証」システムのセキュリティが成立するのでしょう。

でも、僕らは「自分がその必要を感じることは、きっとみんなも必要だと思うはず」という考え方をする。

でもね「みんな」の時代はもうすぐ終わります。これからは「私以外私じゃないの」です。それを望む人が少なくなかったから、あの歌はヒットしたんでしょう。
それに「20世紀少年」じゃないですが、もともと「みんな」は気持ち悪いし、不自然なものです。

もしもね。ろくにマーケティングもせずに「自分がその必要を感じることは、きっとみんなも必要だと思うはず」という感じで商品開発して、それで商売が当たっちゃったら、まぁ、それはずいぶん気色の悪い世の中です。

だって、世の中、その人のクローンだらけっていうことですからね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中