リアルな地獄

特筆的な「映画ファン」というわけではありませんが、それなりに映画を観てきて、一番リアルに怖かったのは映画「ゴジラ」の第1作目。その東京が炎に包まれるシーン(シーケンス)だったんじゃないかと思っています。
映画「ゴジラ」の第1作目の公開は1954(昭和29)年。そして全国で焼夷弾空襲が繰り返されたのは1944(昭和19)年から翌45(昭和20)年。東京の下町を焼き尽くした東京大空襲は1945年の3月です。

つまり、CGやSFX的な技術力の高低より、結局「経験」なんじゃないかと思っている…と、つまりそういうことです。

空襲から10年を経ずして製作された「ゴジラ」のスタッフさん、エキストラに至る出演者のみなさんには体験に基づく記憶があって、それが言語、数値では説明できない「リアルな恐怖」を、あの映画に吹き込んでいたのでしょう。数多くの広島市民が手弁当でエキストラに参加したという1953(昭和28)年製作の「ひろしま」という映画にも同じことがいえるように思います(関川秀雄監督 日教組プロ製作)。この映画には、広島県下にお住いのみなさんから提供された戦時中に使用された服装や防毒マスク、鉄カブトなどが(小道具として)使用されているそうですが、そうしたこともさることながら、あの表情、あの声、あの仕草は、たぶん、あの日を体験している、あるいは類推できる体験を持つスタッフさんや出演者の方にしか再現不可能だったにではと思っています。

僕らは悲惨さも含めてデータとしての広島しか知らないのです。

いつしか、あの日を知る人は旅立たれます。だからこそ、そうしたみなさんの肉声、表情を記録して残しておくことは、とても大切なことになるでしょう。戦争の痕跡を残す遺構などの保存も大切なことです。

表情は雄弁です。そして、人間の味わう恐怖感は時を超えて共通のものです。
反戦のイデオロギーよりも、おばあちゃんの目を、言葉を発することができなくなる口元を注視すること。

戦争はデータではありません。リアルな地獄です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中