また繰り返すのかな

安倍さんたちのいう「一億総活躍社会」って「一億の国民それぞれが自分の望むところに活躍の場を与えられる社会」ではなく「一億の人のうち、安倍さんたちのデザインに従う人だけ、安倍さんたちの定義による『活躍の場』は与えるが、従わない人については国民にカウントしない=非国民」ということです。つまり「全国民を安倍さんたちの思い通りの色一色に染め上げるぞ社会」っていうこと。

そういうことに、いったい何人の人が気づいているのかな。

ときどきTVドラマなどで「戦時中」が描かれると、割烹着に「大日本婦人会」などと書かれたタスキをかけたおばさんたちが登場しますが、あれと「一億総活躍国民会議」は、同じ系譜にあたるものです。

この国民会議が「進め一億火の玉だ」といい、そのうち「ぜいたくは敵だ」とやりだす。
あの頃だって、なんだか知らないうちに「国民精神総動員」などという国家体制が出来あがり、弁当は日の丸弁当にせいと言われ、女性はパーマネントはやめろと言われ、「石油の一滴、血の一滴」などといわれた…その挙句に空襲で敗戦でハイパーインフレだったわけです。

そういう歴史があるのに、また繰り返すのかな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中