コスト

トルコはやっぱり「刺激をする」係なのかな。そしてアメリカやEUは「ロシアのじれるの待ち」なのかもしれません(すでにプーチンさんは「話が違う」と思っているのかもしれません)。国内を「Strong Nation」で扇動してきた政権ならば国内世論もそうそうは抑えきれないんでしょうしね。待つ甲斐はあるのでしょう。

いずれにせよ。テロに倒れる人、兵士たちなど庶民の命は、為政者や資本家たちの駆け引き、世論の操作などのためのコストに過ぎないんでしょう。

悲しい限りです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中