引用

Map of The Human Heart 「心の地図」

あまりにも美しい戦争映画です。

1931年、結核に冒されたイヌイットの少年アヴィックは探検家に助けられカナダの療養所へ入ります。そこでアヴィックはアメリカ先住民族と白人の混血少女アルベルティンと出会います。似た者同士だった二人は友情を超え深い信頼関係で結ばれますが、やがて離れ離れになります。
それから10年、空軍パイロットとなったアヴィックと美しく成長したアルベルティンはロンドンで再会します。でも、戦争が、北極圏、モントリオール、ロンドンと二人に数奇な運命をしいていく…爆撃機から、つまり上空から下を見る感じで映し出されるドレスデン空襲のシーンは、1997年の作品なのにあまりに美しすぎて今も忘れられません。

416V3M1J4JL
ときに映像詩のような作品が、その美しさ故に戦争と庶民の関係を冷徹に描きます。心に打ちつけます。

原題「Map Of The Human Heart 」 邦題「心の地図」
イギリス/フランス/カナダ/オーストラリアの共同制作
監督:ヴィンセント・ウォード
主演:ジェイソン・スコット・リー/
アンヌ・パリロー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中