「故郷」だった

故郷に続くこの道をたどって家に帰りたい
本当の自分でいられる場所へ
ウェスト・ヴァージニア
あの懐かしい山の麓へ
この道を辿って家に戻りたい

ご存知「Take Me Home , Country Roads / 故郷へかえりたい」。1971年に発表されたジョン・デンバー作の名曲です。
でも、ジョン・デンバー自身はニュー・メキシコ州ロズウェルの出身。お父さんの転勤であっちこっち移動してますが、大学はテキサス工科大学だし、実際、この曲を書いた当時、彼はウェスト・ヴァージニアに行ったこともなく、故に楽曲の中に登場する地名と実際とは合致せず、歌詞に歌われている風景は大半がヴァージニア州のものという意見もあり、当時、ちょっと感動していた僕としてはずいぶんがっかりさせられたものです。

でもね。ハーパーズ・フェリー(ウェスト・ヴァージニア州)あたりで路肩にクルマをとめて「ここが歌に歌われた風景よ」と涙を流すシニアなご夫妻に「実は…」って話しはできないと思うんです。それに、後に、この楽曲はカバーして大ヒットさせるオリビア・ニュートンジョンなんて、イングランドに生まれてオーストラリアに育った人ですもんね。

たぶん、歌詞に書かれている言葉の言外にジョン・デンバーが描いたのは「誰の心にもある故郷」だったんでしょう。だから、遠い日本の「故郷」を描いた映画「耳をすませば」の主題歌にもなるんだと思います。そういう意味では、表層上の歌詞がウェスト・ヴァージニア州の風景を歌っていようがヴァージニア州の風景を歌っていようが、どうでもいいのかもしれませんね。

彼が歌ったのはウェスト・ヴァージニアでもヴァージニアでもなく
誰の心にもある「故郷」だった…それでいいのかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中