歴 史

庶民たちも庶民たちで。政治史や権力抗争史に過ぎない、織田信長や太閤秀吉な歴史物語だけを「歴史」だと思って、あの頃の庶民がどういう暮らしをしていたのか、ほとんど知らないんだと思います。そもそも学校で教える「これが歴史です」っていう、そのイメージが政治史や権力抗争史であり、為政史ですもんね。ホントは「鎌倉幕府がいつできたか」ということより、鎌倉時代の庶民の生活像を教わった方が、僕らには有意義なんだと思うんですが…

伊達政宗は確かに英雄ですが、彼を支えた足軽組頭がどんなリーダーシップを発揮していたのか、その時代を生きていた庶民がどうやってサバイバルしていたか。僕らには、そういうことを知る方が大切なんだと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中