待っているのは危険

正社員だからって一生分の収入を保障してくれるわけでもなし、これからは、いつクビ切られるかわからないのに正社員も非正規もないんだと思います。
大卒か、高卒かというより、与えられた現場でクライアントが望む結果が出せるかどうかでしょう。そもそも量的に「大卒」といっても人材としての品質にバラツキがあったはずですが、そのことが目立たなかったのは与えられる仕事がマニュアル・レーバーだったからでしょう。修士も博士も、これだけ量産になれば「それを沽券に」というのは不可能です。「資格を持ってる」より「結果が出せる」です。
65歳で楽隠居というのも夢のまた夢。なにしろ後ろの世代が少子化なわけですし、今ある年金に蓄えも運用ですスッちゃってるんでしょう。

いずれにしろ、制度に乗って安心ということは、もう過去のものです。自分でなんとかするしかありません。
状況がよくなるのを待っているのは危険です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中