いったん消費者になれば

お客さんの要求がマニュアルに書けないことばかりになるとマニュアル・レーバーな時代は終わりで、みんなでラジオ体操やて始まるような会社も「できる人」「できない人」のばらつきが目立つようになり、大規模集団であること自体が非効率であるということになり、お客さんに捨てられます。
また、マニュアルレーバーのままに過ごせそうな職場も、人件費の低廉化から、人材の国際競争は顕著になり、それを拒めばやっぱりお客さんに捨てられるでしょう。

お客さんも、働くときは就業者なはずですが、いったん消費者になれば、マニュアルレーバーな時代を終わらせ、人材の国際競争を激化させる要求を出します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中