ようやく勉強を始める

明らかに「みんな」で集まっていることに、ある種の快感や落ち着きを見出す人々がいます。
自分についても、その「みんな」の評価軸を起点にする…「どう見られるか」「どう思われるか」に終始する…なにごとも「みんな」からというわけです。

「みんな」の中では目立ちたいが「みんな」からはみ出るのは嫌。 

そして、時代の変化は感じつつも、水戸黄門が来てくれるのを「みんな」と一緒に待っています。その方が生き方としてスマートだと思っているのでしょう。冷静に「みんな」の動向をうかがってもいます。

工業生産時代が終わったばかりか、終了直前の時代ですから、民主主義はこうした人たちのためにあるようなものです。安倍さんたちの欲する「全体主義」は、すでに半分は完成しているも同然というわけです。

でも、彼らは「工業生産型にして人件費は高い」という人材に過ぎません。情報の消費者にはなれても生産者にはなれないのです。大勢を従えて、安倍さんたちは彼らを食わしていかなければなりません。みな扶養家族です。

ひとつはかつての満蒙開拓団のような「口減し」政策でしょう。そして「戦争」です。「みんな」を養う分をどこかから「分捕って」くるというわけです。

ただ、この方法論。まさに命がけの大博打であることは言うまでもありません。もちろん、成功しても非・人道の極みです。

でも、止めませんね。解っていて、この方向にアクセルを吹かしている人がいるんでしょう。
そして僕らは盲目。もう少し勉強しなきゃいけませんし、水戸黄門の怖さも知らなければなりません。

また「後悔先に立たず」を繰り返して、ようやく勉強を始めるのでしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中