引用

減速して生きる

gensoku帯に書かれている「年収600万円→350万円。なのに手元に残るお金は変わらず。」僕もなんとなくわかるような気がします。
その年収を維持するためにストレスを溜め、その解消に思った以上に経費をかけていた…故に、年収を減らした分、そのあたりの出費が無くなって、手元に残るお金は変わらない…逆にゆとりも出てきたという…そんな感じなんじゃないでしょうか。

著者=高坂勝さんは、ビジネスパーソンだった人を辞めて、旅に出て、その後、知らない街へ行って、生産者と繋がりながら、たった6坪(正確には6.6坪らしいですが)のBarを始めたという方です。この本には、その道筋が思い出語りのように綴られています。

こういう本を一冊書かれる方だし、こういう思い切った行動に出られた方ですから、もちろん、高坂さん、ただ者ではありません。特に「人と繋がっていく」部分については、生半でないデザイン力を感じますし、度胸も感じます。

たぶん、フツウの人には、その両方がないものです。

でも、それでも、尚、この本を参考図書として推薦したいのは、現状を、高坂さんの経験をなぞりながら眺めてみてはどうかと思うからです。こういう時代になれば、誰にとっても、一度は「自分にとってのダウンシフトっ何なのか」「自分にダウンシフトを実現するとしたら、どんな感じになるのか」…イメージしてみる必要がある。そう思うからです。

新古書店でもよく見かける本です。

減速して生きる ダウンシフターズ
高坂 勝 著 幻冬社 発行(2010年)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中