全体主義

工業生産時代なら「非国民」は死活問題です。「みんな」に参加させてもらえないと、それこそ「おまんまの食い上げ」だからです。小さな商店が町内会から村八分にされてしまっても同様だったでしょう。

でも、今はアフィリエイトで稼ぎきる情報生産力を持っているなら「孤立」もさほど怖くはありません。近所で買い物ができなくなっても通販がありますし、村八分に追い込むご近所を国際的に「拡散」することもできます。

それよりなにより、政府も「情婦生産力がある個人」を潰すわけにはいかないでしょう。
そうした人々にまで全体主義を徹底すれば、彼らの海外流出を含んで国力の圧倒的な低下を招き、高い人件費の中で工業生産国に逆戻りです。
「情報生産力がある個人」は身一つで、どこへでも移動することができます。そして、彼らは殺すには惜しい「金」を稼ぎ出します。

今般、全体主義も「全体」には徹底できない所以です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中