なんか手を打たないと

この状況でGDP600兆円を目指すとは。つまり、これからも「どインフレ」だということです。
そうでなくても、この状況でオリンピックはやるは、政府も自治体も借金火だるまだわでインフレにふる状況は整っています。

1970年代の10年間で、ざっくりいって物価は3倍。でも給料も4倍にあがった。そして当時は終身雇用制です。
今は2002年以降、給料の額はジリ貧で、そして終身雇用は近く完全崩壊です(そのための法整備は整いました)。

もう、なんか手を打たないと間に合わなくなります。
いわゆるサラリーマンの方も副業を模索するとか。専業主婦の方もパートを超えた収入を模索するとか。

その際、政府や自治体による「子育て支援」「介護支援」はたぶん後手に回りますから、そのあたりでも文句言ってる前にセルフ・サービスの実力を、です。
恐らく、安倍さんはそう長くはないでしょうが、お金のことなどは一度「舵」を切ってしまうと「舵」を切りなおしても、しばらくは、そのまま行くのが世の常です。

物価が2倍になれば、年収や貯金は2分の1になる。つまり物価=1.5倍でもたいへんなことだということです。

くりかえしになりますが、この流れはすでに始まっています。菓子類だって、容量半分なら定価は変わらなくても値上げは起こっているわけです。

インスタント珈琲なら、粉入れたカップにお湯を注げば出来上がりですが、ライフ・デザインの変更には上手くいっても4〜5年の時間は必要です。

もう、なんか手を打たないと間に合わなくなります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中