引用

「そこ」ではなく、ここにある山

さて、ちょっとした たとえ話し…

昔、バイカル湖には、たくさんの魚がいた。漁師もたくさんいたが、穫りきれない魚がいた…ところが、ある日、そこへ銀行がやってきた。そして「もっと大きな船と機械を買えば、もっとたくさん魚がとれますよ」と、漁師たちに触れて回った…最初は、漁師たちも断っていたのだけれど、銀行は「私たちがお金は貸します。たくさん魚が穫れれば収入を増えるのだから、お金は返せますよ。もちろん、分割でいいですよ」と。

そして、漁師たちは、銀行からお金を借りて大きな船を買った。もちろん漁獲量を倍増させ、収入も倍増して、みんなは贅沢をすることができた…街は一変した…

ところが、ある日、魚が一匹も穫れなくなった…「魚は穫りきれないたくさんいる」と誰も心配しなかったが、結局、魚を穫り尽くしてしまったのだ。そして、漁師たちには、返しきれない借金だけが残った。銀行は、借金のカタに船を取り上げ、家を取り上げて去っていった。

まぁ、これは漫画みたいな話しです。
でも、大きなお金が動くことと、環境がどういうふうに関係しているのかということが、よく言い表されている話しではあると思います。だから、僕は企業の「環境への取り組み」を監視するだけでなく、その資本の大きさというものにも留意してく必要があると思います。

51OvGbCv93LかつてNHKーBSで放送されたドキュメンタリー番組「エンデの遺言–根源からお金を問う」(1999年)。その番組を1冊の本にまとめた河邑厚徳さんの著作「エンデの遺言 ―根源からお金を問うこと 」(NHK出版/文庫版 講談社+α文庫) 。著作について、紀伊国屋さんのwebショップの解説には「ファンタジー作家ミヒャエル・エンデに導かれて『暴走するお金』の正体を探りに旅立つ。『老化するお金』『時とともに減価するお金』など、現代のお金の常識を破る思想の数々を紹介する。欧米に広がる地域通貨の実践―米国のイサカアワー、ヨーロッパの交換リング、スイスのヴィア銀行などをレポートする。」とあります。

なぜお金持ちは寝ているだけでお金が増えるのか?
なぜたくさん働いてもお金は消えていくのか?
なぜ借金がこんなにかさむのか?

エンデのファンタジー世界からお金の本質が見える…

この本を読んでいても思うのですが、たとえ話にあるバイカル湖くんだりまで銀行が出かけなければならないのは、毎年、企業規模を拡大しなければ、株主に怒られちゃうからなんでしょう。そして、株主たちは、そのことによって自然環境が破壊されてもおかまいなしです。でも、お金こそがフィクションですから、いくらでも書き換えが効くわけです。だからグラミン銀行みたいな銀行もあるんだし、環境に貢献する企業にこそ投資をしようという株式市場もあります。もちろん「時とともに減価するお金」だって現実のものにしようと思えば現実にできるわけです。

それを阻んでいるものがあるとすれば「人間の欲」それだけでしょう。

産業活動、つまり企業の活動が環境に大きな影響を与えてきた(もちろん、消費者としては、そうしたことに僕らも加担して来たのですが)。そういうことは(僕らも)百も承知です。でも、お金持ちになりたいし、そういうことで羨望の眼差しを浴びてみたい…

越えていかなければならない山は自分の中にあるのかもしれません。

 

エンデの遺言 ―根源からお金を問うこと
河邑 厚徳/グループ現代 著  講談社+α文庫

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中