引用

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず

方丈記

現代語訳「玉を敷きつめたような都の中で、棟を並べ、屋根の高さを競っている、身分の高い人や低い人の住まいは、時代を経てもなくならないもののようだが、これをほんとうかどうかと調べてみると、昔からあったままの家はむしろ稀だ。あるものは去年焼けて今年作ったもの。またあるものは大きな家が衰えて、小さな家となっている。住む人もこれと同じだ」

都市はそれで生成りなんでしょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中