危険が実感できたら

昔から「判断できる人」「決断できる人」って少数だったんでしょうか。
そう思ってしまうくらい、いい大人がみんな判断しませんね。つまり先送りです。

「公」のことは言うに及ばず、会社や業務のことも、そして自分のライフ・デザインのことも。

そりゃ、大きな船ですからね。沈むには時間がかかる…だからって、その沈んでいっている過程が無風でもゆとりでもないわけです。韓国での痛ましい船の事故だって、最初は学生たちにもゆとりがあり、まさか沈むとは思っていないし、沈んでもまさか自分が死ぬとは思っていない…イマドキの事故だから、そういう時間を捉えた映像が残っているじゃないですか。

危険が実感できたら、もう終わりなんです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中