当代の責任

与党じゃなきゃ、野党じゃなきゃいけないのか。そういうことにとらわれる必要はないでしょう。
だって、SEALDsの若者の方が安倍さんたちよりも力量は上でしょうし、それなりに専門家の方もいる…

江戸幕府がなくなったとき、この国は下級武士たちによって運営されていたわけですけれど、でもまぁ「倒壊」はせず、独立性も守れていたわけです。
このブログでも何度か申し上げているように、あのときの下級武士たちが殊更に善政を敷いていたとは思わないのですが
この国の民たちが重ねてきた「歴史」というファンデイションがあるのでしょう。

そういう意味ではね。大船(おおぶね)に乗ったつもりでいていいんだと思います。

ただね。(歴史に)任せきりではなく、いい歴史を重ねないとね。当代の責任はあります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中