なんていうことでしょう

それにしても、彼は市井の若者でしょう。古市さんほどのコメンテーターでもない。
それなのに、状況をスパッと切って判りやすい…

只者ではない。

工業生産時代のように、それでも大勢を集めなければ物事が始まっていかない時代なら心配もしないのですが、イマドキは彼みたいな人がパソコン持てば、それでもう一大勢力です。彼みたいな人が10人いたら数十万人…いや百万人が置いてけぼりを食らうかもしれない。

なんていうことでしょう。

工業生産時代育ちのおじさんたちは、集まらなければ始められないし、第一、情報生産力がない。複写機ですから、彼みたいな言説を持たないわけです。声が大きな人はいますが、そういう人も「自分の思い」「仮説」をがなりたてるだけですからね。言えば言うほど孤立していく感じ…

人数が多いからって、言説が立たなきゃただの「群れ」ですからね。

そして需要と供給…希少価値なら高価だし、ありふれたものなら安く買い叩かれる。機械を動かす「大勢の人」はいらない。

なんていうことでしょう。

今般の出来事はそういう未来を暗示しているようにも思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中