銃後にいて

僕らは、あの頃、アッツ島で何があり、ガダルカナル島で何があり、硫黄島でどんな戦闘が繰り広げられていたのか、知ろうと思えば、それなりに「事実」を知ることができます。
でも、オヤジも叔父貴も、当時、そんなことが起こっていたなんて夢にも思わなかったでしょう。「勝ち」を盲信していたとも思えませんが、厚木にいたオヤジは、広島、長崎に投下された原子爆弾についても「新型の爆弾だ」とだけ認識していたようですし、玉砕戦や南方戦線の惨状は想像の外だったようです。

何の論拠もありませんが
福島の原発事故、その収束作業については、あの頃の再現なのではと思っています。

各地で尊い犠牲が払われつつ玉砕戦が展開されていたあの頃。大岡昇平が「野火」に描いた状況が現実になっていたあの頃。

僕らは銃後に居て知らされていないだけなのかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中