引用

BULL DURHAM

DURHAM(ダーラム)はアメリカ合衆国ノースカロライナ州に実際にある街です。昔はタバコ。今はデーク大学を中心に、ちょっとハイテクな街で人口は180〜190万人ほど。案外、大都市です。

邦題は「さよならゲーム」ですが、原題は「BULL DURHAM」。ブルズというダーラムに本拠を置くマイナーリーグの野球チームの話。これも実在するチームで、タンパベイ傘下の3Aのチームです。

DURHAM映画の中のダーラムは、もうちょっと牧歌的な雰囲気ですが、そのあたりがマイナーリーグのチームの背景としては返ってリアルです。ケビン・コスナーにスーザン・サランドン、ティム・ロビンスという豪華な布陣にしては等身大な映画で、これこそが「大好きなアメリカだ(「大嫌いな」じゃなく)」と思えるような庶民な日常が描かれています。

この映画においては、野球は宗教であり、アメリカの哲学でもあるとされているのですが、それを象徴する言葉として「野球はシンプルなゲームだ。ボールを投げ、捕り、打つ。時に勝ち。時に負ける。時には雨が降る」を複数の登場人物に語らせています。

でも、なんだか、表面上の言語以上に言葉にならない意味があるような…

僕はこの映画が大好きです。

映画の終わり頃、スーザン・サランドンに「トーマス・グレイだったか、ウィリアム・カレン・ブライアントだったかの詩の一節」として以下の一節をつぶやかせます。

「人知れず咲く多くの花々よ 荒野に甘い香りを振りまいて」

実はこの映画は「二流」な生き方を讃えている物語でもあります。無名ながら生き方としては一流な仕事師たちが登場し、ちょっとインモラルかもしれないが魅力ある(自立した)人物たちがいて、みな、まさに多様性の中にみなを認めながら生きています。

僕にはワクワクするような「普段」が展開していきます。

なんだかカッコいい…

実際のブルズに、タンパベイとマイナー契約をした松井さん(ヤンキーズにいた松井秀喜元選手)が一時プレーされていましたが、なんだか嬉しかった。

たぶん映画のセリフは全部入ってると思います(それくらい観ました)。

あまり「物語」を鵜呑みにするのはよくありません。でも、この映画を最初に観たのはバブルの絶頂期。この映画に出会わなければ、僕はもっと嫌な人間になっていたように思います。

「さよならゲーム」(原題:BULL DURHAM)
監督/脚本 ロン・シェルトン 撮影 ボビー・バーン
配給 オライオン・ピクチャーズ&ワーナー・ブラザース(アメリカ)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中