「このまま死んでしまいたい」か

楽曲名「アカシアの雨がやむとき」

アカシアの雨にうたれて
このまま死んでしまいたい
夜が明ける 日がのぼる
朝の光のその中で
冷たくなったわたしを見つけて
あの人は
涙を流してくれるでしょうか

この詞を書かれたのは、故・水木かおるさん。1960年代の歌謡史を語る上で、外すことができないといわれている大ヒット曲です(1960年発売)。
藤原秀行さんがおつくりになられたメロディーも、また、この歌を唱われた西田佐知子さんの声や、感情を押し殺したようなソリッドな歌唱法も含め、どーんと悲しく、切なくなれるような楽曲です。

…というより、直球で「死」が唱われています。

きのう、YouTube巡りをしていて、偶然、この楽曲に行きあたり「このまま死んでしまいたい」と始まって「冷たくなったわたしを見つけて」とサビにかかっていく、この歌がメジャーにヒットした時代って、それにしてもどんな時代だったんでしょう。
だって、歌詞に唄われている人(あるいは唄っている人)の「死体」を連想させる歌詞です。当時のことですから「それでは唱っていただきましょう。どうぞ」とか言われて、それでオーケストラをバックにテレビの歌番組で「このまま死んでしまいたい」「冷たくなったわたしを見つけて あの人は 涙を流してくれるでしょうか」です。

お客さんは、これをどんな歌だと受け取って、どんな気持ちで聴いていたのか…
どこをどういうふうに愛でたのか…

バブルの絶頂期に,この楽曲を戸川純さんがカバーしましたが、彼女のようにカルトに近い位置づけにある方の楽曲なんだといわれるのなら、まだ想像がつきます。でも、国民的な大ヒット曲になったと…、そこのところがわからないわけです。

その頃の日本には、いったいどんな空気が充満していたのか…
僕は、子ども過ぎて、当時の大人たちの世界のリアルなところは、さっぱり記憶にありません。物心つく頃には「アカシアの雨がやむとき」は過去の名曲になっていました。

今、カラオケで歌がうまい人なんかが、この楽曲をろうろうと謳い上げちゃったりしたら
その場の雰囲気はいったいどうなるんでしょう…

なんか、聴き入っちゃったら、そのまま沈んでいけそうな気がします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中