本屋さん

紀伊國屋書店さんの会員になって、今月1万円以上の買い物をすると来月は「ゴールド会員」です。でも、今月の買い物増額が9999円なら翌月は「一般会員」です。
僕は主に新宿本店と横浜店で買い物をしますが(両店ともにお店に出向く頻度は高い方だと思いますが)同じ店員さんにレジをお願いすることも稀です。つまり、店員さんにとっての僕はレジに表示される「ゴールド会員」か「一般会員」かの種別だけ。それ以上でもそれ以下でもありません。僕は指示されたとおりにお金を払い、品物とおつりを受け取って店を後にします。

つまり店舗に出向いいているのにwebサイトでの買い物と何も変わらない品物の取引です。ホントに何も変わりません。
今度、紀伊國屋さんのwebで買った品物を店舗で受け取れるようになったので、わざわざ本店に出向くこともなくなりました。送料無料で歩いていける横浜店で欲しい本を受け取る…店員さんとのコミュニケーションでもあればまた別なんでしょうが、紀伊國屋さんとは「欲しい本を買う」という利便性のみのつきあいです。

ブックcafeみたいなものが隆盛になったのは、紀伊國屋さんみたいな書店が「書店のメインストリーム」みたいになったからでしょう。でも、現実に「情報としての本」を手にいれるなら、これでいいともいえます。ただ、そういった利便性を追求するあまりシステムは等身大をはるかに超えて、巨大で広大無辺のものになってしまった…

紀伊國屋さんみたいな本屋さんとブックcafeみたいな「コミュニケーション・ツールとしての本」「本と過ごす時間」に特化した場所。二極化はますます激しくなるでしょう。「本のセレクト・ショップ」みたいなものも隆盛になるかもしれません。
同じ「本」でもその存在感は多義的ですからね。どちらか一方ではなく、お互いを補完しあうようなかたちで両者が並立するようになるんでしょう。紀伊國屋さんのミニチュア版みたいな本屋さんは淘汰されてしまうかもしれないけれど、零細ながら個人経営の本屋さんは生き残る…

難しいのは「いい時間」をつくりだすためのコストをどう回収するかということなんでしょう(そこを無料にしちゃうと、お店が潰れちゃうでしょうからね)。たぶん、Cafeっていうのも、その方向を向いてのひとつの回答なんだと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中