引用

センセイの鞄

sensei_kaban2これは、WOWOWで製作され、2003年の2月、フジテレビのスペシャル枠で放送されたTVドラマ「センセイの鞄」DVDのジャケットです。

川上弘美さんの原作も人気作ですし、漫画にも、舞台にもなっているようですが、僕は、このドラマ版が一番好きです。
久世光彦さんらしい演出、筒井ともみさんらしい脚本。
オーケストラのような重厚に過ぎる感じのない、カルテットくらいな編成で奏でられたような名作だなーと思います。

それにしても、まさに、この物語こそが、店屋の妙というのか、都市らしい人間関係、あるいは「つながり」つまり「(お店の)カウンターを挟んだ、お客さんどうしの横の関係。その不思議」をそのまま画にしたような作品だからです。

主人公のツキコさんが、高校時代の古文の先生と再会するのは、いきつけの居酒屋です。そもそも、その居酒屋は、都会で一人がんばっているツキコさんにとって、唯一「ただいま」的に帰って来れる場所だったのだと思います(だから、カウンターに座るんだと思います)。

そして、ある意味、同じような境遇にあった初老の男と、このツキコさんの心を、30歳の年齢差を越えて結んでいくのも、この、居酒屋のカウンターです。

sensei_kaban1カウンターに座れば、先生とツキコさんは横並びです。面と向かってしまうと、どうしていいかわからない関係でも、なんとなく横には並べたりもする。居酒屋のカウンターなんだから、しょうがないというエクスキューズもあるでしょう。
そして、目の前には、店主がいる。彼は料理を供しながら、二人を客として寓しながら、なんとなく仲人役にもなっていきます。

確かに、高校の教師と生徒ではありますが、それは遠い昔の話しで、今は職縁で繋がる話題もなく、育ってきた時代も違うので、そういう意味で話しが弾むわけでもない。
だから、切っ掛けは難しい。一度、打ち解けてしまえば、お互いがそれぞれに抱える寂しさが、きっと二人を繋げていくのだけれど…

作品の中で、この居酒屋と、このカウンターは、先生とツキコさんの物語の背景であり、舞台装置に過ぎないのかもしれません。でも、このカウンターと、この居酒屋がなければ、この物語も始まらなかったことも、また事実です。

僕はね、現実の「人と人のつながり」も、案外、こうやって始めていく方がスムーズなのかなと
そんなふうに思っています。

DVD「センセイの鞄」
原作:川上弘美  脚本:筒井ともみ 演出:久世光彦
出演:小泉今日子/柄本明/モト冬樹/豊原功輔/竹中直人/木内みどり/加藤治子/樹木希林 他

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中