目にはさやかに見えねども

結局、今のところ、紅茶のマカイバリさんみたいなところはホントに少数なわけです。
たいていのオーガニックは、みんなの不安につけ込んで「これが新しい安心ですよ」といわんばかりの「物語」を描いて、その「物語」を売っているだけです。だから、エアコンと(昼でも)照明なしでは営業できないショッピング・モールにお店があったりするわけです。

でもね。反核なコンサートの電源はソーラーみたいにスジを通そうとするミュージシャンも現れたわけです。

以前は「少数派はメイン・ストリームに押し流されるだけ」だったんでしょうが、今はインターネットによる個人的な発信が可能になったために塗りつぶされずに済んでいるところがあります。
そして、スジが通っていれば、その声の大きさも拡大されることもある…佐野研二郎氏の一連の問題提起などはそんな感じがしますし、安倍さんの談話にも、少なからず影響を与えたんでしょう。

まだまだこれからなんだとは思います。
ヒアルロン酸ビジネスみたいな世界が、そう簡単になくなるとは思えません。
「赤信号。みんなで渡れば怖くない」という体質だって、そう簡単には治らないでしょう。

でも、こっくりさんの10円玉みたいなもんで、誰が動かしているんだかわからない状態。もう止められはしないし、以前に戻そうと思っても無理。
もちろん、いいことばっかりじゃぁないでしょう。暴走する場面もあるんだと思います。紆余曲折あるんだと思います。でも「始まった」。そして「これまで」が終わり始めている…そんな未来の気配を感じます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中