叔父貴の魂だけ

うちの叔父貴は絵を描くのが好きだったそうです。
オヤジと口をきかなくなって数ヶ月。大反対を押し切って僕が美大に進学できたのも、この叔父貴のおかげでした。

あと半年。生きていてくれたら戦争は終わっていました。
今、うちの墓に入っているのは叔父貴の魂だけです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中