引用

歴 史

サンフランシスコ州立大学の先住民学科で教鞭を執る、ロバート・コリンスさん(三八歳)は、わたしが南三陸町で撮影した津波被害の写真をくいいるように見つめながら、「その土地に根づいた家族の歴史がすべて洗い流されて」と息をのんだ。大災害という言葉ではひとくくりにできない。それぞれの家族がもつ大地とのつながりが気になるようだ。
先住民は部族単位で見られがちだが、その基本単位は「家族」だ、とコリンスさんはいう。

鎌田遵 著「辺境」の誇り ーアメリカ先住民と日本人

この一文に出会って、改めて、僕らは源頼朝で歴史を語りすぎだと思いました。そんな権力闘争史より、当時を懸命に生きていた市井の人々にどんな物語があったのかということですね。それこそが歴史です。
だって時代を形づくっているのは市井を生きるたくさんの人々、その人たちが泣いたり笑ったり、フツウにしてたりして時代を形づくっている。安倍さんだって、そのうちのたった一人です。

知らなきゃいけないのは市井の人々のオーラル・ヒストリー。庶民の暮らしこそが時代の主成分です。
きょう僕がこの時間にブログを書いていること。午前4時頃になると新聞屋さんのカブの音が近づいてくること。朝になれば会社へ急ぐ人たちの靴音が響いてくること。そうしたことが時代をつくり、その時代が重層になって歴史が形成されていく…

道理だなーと思います。
この視点を忘れれば復興も空虚なものになるだろし、それより何より、ただただ偉人、権力者で語る歴史って不自然なんだと思います。

鎌田遵 著 「辺境」の誇り ーアメリカ先住民と日本人 集英社新書

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中