みんなで渡れば怖くない

本当に大きな責任があるのは、安部さんや自民党を支持した人たちよりも、ただただ「私」を謳歌するように「公」に関心を持たない多くの人々なんでしょうね。「わからないから選挙行かない」みたいに街頭インタビューに応えている人がいますが、そりゃ言い訳です。実質的に「誰か偉い人がやってくれるんでしょ」的に丸投げにしないと「私」を謳歌することはできませんからね。少なくとも面倒なことを人に押し付けている自覚はあるんだと思います。

でも彼らに責任を追及しようとすれば「村八分」にされるのはこちらの方です。
「赤信号、みんなで渡れば怖くない」という、あれです。

現況の民主主義では、国会議事堂に向けて声を枯らす若者たちよりも、サイレントな暴徒の一員になれる方が善です。

たぶん、サイレントな暴徒の前にあってはステルス的な戦術が必要です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中