決 断

トドのつまり…辞められるか。捨てられるか。
試されているのはそういうことなんでしょう。

親から引き継いだ会社を止められるか。勤続30年の会社を辞められるか。やっとの思いで手に入れたマイホームを手放せるか…
全部、逆の決断をしたって、たぶん地獄の苦しみです。

まさに進むも地獄、退くも地獄なんでしょう。

だからこそ「決断できない」のも当然なんですが、当然だからといって手加減してくれるわけではありません。
決断が遅れればもっとひどいことになります。

いわゆる「近衞上奏文」が提出された1945年2月に戦争が止められていれば、東京大空襲もないし、もちろん沖縄上陸作戦もなく、原爆の投下もありません。硫黄島であんなにも悲惨な戦闘が続けられることもなかったのかもしれません。

たった一ヶ月の遅れでも、結果はまるで違ったものになってしまう…決断とはそういうものなのでしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中