人間がつくった「枠」

テレビのニュースワイドが一斉に話題にしていたせいか。今年は「半夏生」を話題にされる方が多かったですね。「雑節」というくらいで節気の中でも、かなりマイナーな存在なんですが。

でもね。季節は言葉で縛らないほうがいい。風や陽の光、湿度なんかを体感すること。これが全てでいい。
その上でなんとなく春がきて、初夏があって、梅雨時を経て夏が来て、秋が来て、もう晩秋だなと思っていたら、冬にコートの襟を立て…

それでいいんだと思います。

いつ夏が来たんだか、終わったんだか。句読点がないほうが自然ですからね。
せっかくの季節を人間がつくった「枠」に当てはめてしまうべきではありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中