引用

女と味噌汁

「女と味噌汁」は1965(昭和40)年から1980(昭和55)年まで、年に数本のペースで製作されていたTVドラマです(TBS系列)。原作は平岩弓枝さん。主演は先年亡くなられた池内淳子さんでした。小学生だったはずなのになぜか僕はこの番組が好きで、共演の長山藍子さんや結城美栄子さんにしても、今もこの番組に出ている彼女たちが一番好きです。

池内さんは新宿十二社あたりの芸者さん。長山さん、結城さんも池内さんの妹分の芸者さんです。いつか自分の小料理屋を持とうとお座敷の後に十二社池のほとりで、長山さんといっしょにライトバンで味噌汁とおにぎりの店を出しています。
そんなお店に花柳界で出会った仲間たち、客筋として出会った男たちなどが一時あたためられて家路につく…そういう一話完結の物語です。

大都会に行き交う人々が少しの悲しみや孤独感を抱えながらも、味噌汁やおにぎりのぬくもりに励まされたように生きていく…

食事っていうのは、目に見える形で食器に盛られた食べ物、熱量としてのカロリーを食べているだけじゃなくて、つくってくれる人が、こちらに寄せてくれる「気」を食べるものなんだと思います。だから、たった一杯の味噌汁に励まされるときもあるし、冷凍食品やコンビニ弁当だと、量としてはたくさん食べても満足感に乏しく、寂しい気持ちにさえなってしまう…そういうところがあるものなんだと思います。

フランチャイジーなレストラン、飲食店で供される料理は、袋に小分けされた部材をまるでプラモデルでもつくるように調理されるものばかりです。だからこそ待たなくても済むという部分もあるんでしょうが、出てくる料理は、狸に化かされた「木の葉のお金」みたいなもの。つくっている人に罪があるわけではありませんが、飲食ビジネスは「気」の部分を無視しなければビジネスにならず、そのシステムの中で食事をしようとする限りフィジカルな身体が欲しがるカロリー摂取に徹するしかないものなんでしょう。

でもね。それじゃぁ半分なんですよ。心は飢餓状態。だからビジネスなレストラン、飲食店、コンビニ食は最終的に割高なものでもあるんです。

だから、安いお米でいいから自分でゴハン炊いて、安い魚の切り身でもいいからていねいに焼いて食べるだけでも、その方が心は満足するんです。疲れちゃってそんな気にもなれないという人には商店街の個人店をお勧めします。

「孤独のグルメ」的な名店はまだまだありますからね。

そこで100円、200円高くても、食事は「気」から。ちょっと入りにくくても「獲って食われる」わけじゃなし。確かに、お手軽でも、コンビニ食やファストフードばかりだと、フィジカルよりも先に心が痛んでしまいます。

「女と味噌汁」

放送された全部の回の映像が残っていて、CSなどでときどき再放送されているそうです。機会があったらぜひ観てみてください。「食事は気から」が見事に描かれた作品です。自分のライトバンを探したくなること、請け合いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中