引用

元住吉・ブレーメン通り商店街「鉄重」

このお店の魅力を、いわゆるグルメ・リポート的な感じに伝えるのは難しいことです。「溢れ出る肉汁が…」的な描写はもうそれだけでこのお店の魅力を矮小化して語ることになり、語っている僕が残念です。

「鉄重」さんの魅力は、まずお店の中に漂っている「美味そうな匂い」です。お肉を焼く匂い。上質な油の匂い…それでいて店外にはほとんど匂いはもれていませんから、ドアを開けたとたんのワクワク感がたまらない。
そして、このお店に集まっているお客さんたちの雰囲気。カップルも、親子連れも,みんな仲良さそうだし、楽しそうだし。しかも「傍若無人」感はゼロ。ちゃんとホールさんに気を使う余裕を持っている。もちろんホール係さんたちも機転を効かせながらテキパキとお客さんの希望に応えていく。そして、彼女たちには「お仕着せ」感がなく、それぞれに個性的。命令やマニュアルで動いている感じがないんです。

つまり、出される料理だけの魅力でもないし、厨房さんやホールさんたち=お店側だけが魅力的なわけでもない。ここに来るお客さんや元住吉のブレーメン通りあたりの街の雰囲気なり、全てが相乗効果になっての魅力。故に重厚…というわけです。

こういう「場所」としての魅力はチェーン店みたいなものには絶対に創り出せない魅力ですね。

組織的に運営されているチェーン店では、ホールさんも厨房さんも個性を発揮することはできません。それを許せば、組織は組織でなくなります。それ故にお客さんもチェーン店に人間的な交流は望んでおらず、物理的な空間の利便性とリーズナブルな値段の料理が出てくるかどうか。それだけで店を選びます。

こういう空虚さと対極にあるのが「個人経営の店」。そして、こういう個人経営の店こそ再開発なロイヤリティが乗っかった商売はできませんから旧来の商店街に営業している…
商店街の個人経営のお店は「産直の野菜」みたいなものです。不動産ビジネスな中間搾取な部分を除いてあるから、安くて美味しい。中間搾取な部分を除けば、空虚な組織運営をしなくても価格が作れる。故に人間的なぬくもりがある「場所」としての魅力にも満たされていく…。たぶん、牛丼屋さんだって、個人経営で「いつものおばちゃん」がいるような店だったら、あんなに寂しい場所にはならないんでしょう。

「鉄重」さんは、お客さんとお店の距離感も抜群でね。あっちこっちでジュージューいってるなかで、どのテーブルも和やかでね。それでやさしい味のハンバーグなり、ステーキなり。実に庶民的な価格で、こんなに贅沢と。いつもうれしくなって帰ってきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中