フツウに参加する

僕らは「フツウ」に参加することを推奨されてきました。
学校は「学問をするところ」というより政府がデザインした「フツウ」の中で生きていくための作法を教えるところ。勉強だって、命令を理解して実行できなきゃフツウの中で就業できんだろという意味での「読み/書き/算盤」でした。

学校で創造性より複写する技術を熟達させられた上で、企業はマスメディアを通じて大量に情報を発信する…僕らはさらに「フツウ化」していきました。世代によって多少のバラツキがあるのは例えば「ガンダム」消費が飽和状態になって「ONE PIECE」ビジネスが開発される…そういう売り手側の転換があったからでしょう。もちろんそれぞれの「作品」としての価値はまた別の話ですが、キャラクタービジネスとしてはそうだったんだと思います。
ファッションなどの流行。年ごとに新型が発売されるクルマや電化製品など、そのアドバタイジングにも、僕らは染められていったんだと思います。

大学をなぜ4年で卒業しなければならないのか。高校をなぜ3年で終えなければならないのか。50歳で大学に行くことがなぜ珍しいのか。卒業が見えて来ればなぜ就活なのか。就活といえばなぜ入社試験なのか…

合理的な理由がない場合は「考えないようにする」というのが「フツウ」の中で生きていく方便でした。

でも、今「フツウ」に参加していても食わせてもらえるかどうか…急激にわからなくなってきています。終身雇用ならガマンのしがいもありますが、下手をすると「フツウ」に参加したとたんに、それが「落とし穴」だったという時代です。

もちろん、この「MATRIX」から出るのは「自力」でしかありません。入るためのノウハウはたくさん提供されていますが「出る」ための教科書はありません。そして「いつか、誰かがなんとかしてくれるだろう」は悪魔のささやきのような考え方です。

湯浅誠さんの著作名「ヒーローを待っていても世界は変わらない」じゃありませんが、世界どころか、危なっかしい自分自身の未来がまったくかわらないのです。今が昭和33年なら、スーダラっと無責任サラリーマンを決め込んでいればいいんですが、残念ながら、今は平成27年.2015年です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中