凛として前へ

僕らは、世間なり学校なりとトランプをやっているように自分の人生をデザインしていきます。彼らが目の前に何枚かのカードを並べ、僕らはそのカードを引く。たまにババが混じっています。でもイマドキはほとんどのカードがババ。それでもトランプを続けますか…という状態です。

でも、僕らにはトランプをするように自分の人生をデザインしてきたなどという自覚がありません。それなりに自分で切り拓いてきたつもりです。
つまり、トランプをしている自覚もないのでトランプから抜け出すこともできないのです。
「これからはどうも前人未到の時代だぞ」という予感めいたものはあっても、そのためにまた教科書を探してしまう(前人未到だからこそ教科書なんてないのに)…。それは僕らが「新しいカードが出されるのを待っているだけ」の体質になってしまっている証拠です。

教科書があるというとは、未知への処方箋ではなく、そこそこに解析し終わった後のノウハウだということです。工業生産時代なら、そこそこのできなコピー機なら食っていけましたから「教科書を憶える」でもよかったのかもしれませんが、これから先は自らカードがつくれるようでないと安心して食ってはいけません。

とはいえ、僕らの世代には無理かな。よっぽど柔軟でないと「転換」は実現できないでしょう。もう50歳を超えちゃっていて、ずっとトランプな人生だったわけですからね。

(もともと、トランプに参加しなかった変わり者は別です)

だから、まだ人生キャリアの浅い若い世代のみなさんにこそ、トランプからの離脱をお勧めしたいと思います。一見、スマートに見えるかもしれませんが、トランプのカード出す側の大人たちでさえ、何が何だかわからなくなっちゃってますからね。一部のクレバーな人々を除いては、ぐるぐるぐるぐる堂々巡りを繰り返しているだけです。

不安は大人も若者も変わらない。つまり、先達も先輩もいないと思って、独行した方が賢いだろうというわけです。

これから明治になろうっていうのに、江戸時代に詳しい人の話聞いても仕方がないでしょ。
とにかく、すがるような目をしていないで、凛として前へ…というところです。

(今までの時代には変人扱いだった大人たちもね)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中