性善説

今となっては当時のドイツ国民がなぜヒトラーに未来を委ねたのか。合理的な説明をつけることはできないでしょう。
ただの「無知」がそうさせるのではなく、多数決の多数は酔わされたように「非合理」の道を命を賭して歩むことがあります。

「みんな」についていくことが安心の源ではありません。

そして、社会を破滅に追いやる判断や行動を、どうどうと「みんなのための正義」だと主張する人もたくさんいるのが世の常です。教育も政府や自治体が主導するものである限り、学校教育は、その「みんなのための正義」に加担します。

何事も性善説にたつべきではないのかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中