トレンド

今も、朝や夕方のニュースワイドでは「今のトレンド紹介」みたいなコーナーがあったりしますが、一億総中流の時代が終わった今、消費者全員が一様な消費行動を取るわけもなく「今のトレンド紹介」も、僕が十代だった頃とはずいぶん意味も違うんだろうなと思っています。

正規分布に例えるなら、平均値近くに固まる64%は今もマス的なトレンド情報に乗って消費行動を決しているのかもしれません。「アナ雪」「ハリポタ」などの支持者がそうでしょう。でも、あとの36%はそのトレンドを見向きもしない。たぶん、この36%の大半が「一億総中流の時代」当時は、「(トレンドに)一応、乗っておく」必要があったのでしょう。そこが現状との大きな違いなのだと思います。
たぶん36%の中身は恐らくいくつものグループに分かれているんでしょうが、日本の人口はおよそ1億2800万人。1%でも128万人ですからそれなりに「市場」になるんだと思います。

すでにこういうとを読んでるんでしょうね。テレビCMで紹介される商品は限られてきています。スマホ、ゲーム。自動車は「軽」ばかりだし、コンビニで売ってる飲料の大会。そのCMのイメージのつくり方も(一昔前の表現ですが)ガテン系です。あとは今も全人的に「一億総中流の時代」に合わせての医療保険に薬(薬はジェネリック)…つまりテレビを見ること自体が64%であり、36%ではないと踏んでのことなんでしょう。

(そう考えれば「朝や夕方のニュースワイドでは『今のトレンド紹介』」は、スジにあっているということになるのかもしれません)

ある種のストーリーをつくって、その中に観る人を巻き込みながら、消費をさせる…
考えてみれば「オレオレ詐欺」と、お金を巻き上げる構図は一緒です。

株価が上がったって庶民の懐が潤うわけではなく、多少、給料がアップしたところで物価高にかき消されていく。その上で戦後初めて「戦場で血を流せ」といっている内閣を支持しているのも、この物語に巻き込まれやすい人たちなのかもしれません。
そして、その人たちが64%側だから、オレオレ詐欺の被害総額は莫大で、安部さんたちの自民党は大勝ちするのでしょう。

64%がこうだということは、恐らく学校教育も一枚噛んでのことです。
なかなか手ごわい相手です。たぶん、誰かが頑張っても、その人一代で、彼らの性質を変えるのは無理かな。

だから64%に理屈で訴えるより、彼らが憧れてくれるような「物語」をつくることかな。
いずれにしろ、直接的な「言葉」では動かないと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中