悲しくなるばかりです

安部さん、砂川事件のことなんて理解できないでしょうね。
今、自分が立憲主義の国家を止めようとしていることについても、どれだけ明確な自覚があるのか…
彼を首相の席に座らせている国会議員や、彼らを選んだ国民に第一義的な責任があるのでしょう。

僕は、僕自身に、安部内閣がやろうとしていること。彼らのやり方と、あのときオームが企てていたというクーデター計画と、本質的にどこが違うのか明確に説明できずにいます。

この際、じっと手を見るしかありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中